病院について

トップページ > 病院について > 薬剤部紹介

薬剤部紹介

薬剤科について

基本である調剤業務においては、調剤過誤を起こさないことを第一に考え取り組んでいます。また、入院患者様に対する薬剤指導管理業務や医師・看護師等に対する医薬品情報提供にも積極的に取り組んでいこうと努めております。
お薬についてご心配なことがありましたら、ご遠慮なく薬剤師に一声おかけ下さい。

業務紹介

調剤業務

処方箋に基づき、入院患者様への内服薬、外用薬、注射薬などの調剤を行っています。外来は100% 院外処方となっています。調剤は患者様が入院された際に、他の医療機関から処方され持参されたお薬を確認することから始まります。当院では最新の機器を導入してお薬の一包化をおこなっており、必要に応じて錠剤等の粉砕もおこなっております。お薬を作るときは患者さまの薬の履歴を確認し、重複しないようチェックしています。注射薬に関しては、注射処方箋に基づき、患者様の氏名と薬剤名と用法が記載されたラベルシールを貼り付け管理しております。

薬剤管理指導

病棟では薬剤師が医師や看護師等と連携をとりながら薬剤管理指導業務をおこなっています。ベットサイドに出向き、患者様本人またはご家族の方に、お薬についての情報提供をしたり、お薬についてお困りの事などをお伺いしております。入院時には患者様の診断名、入院経過、既往歴、アレルギー歴など基本情報を収集し、薬物療法をより安全、効果的におこなうことを目的としています。

医薬品情報管理

医薬品情報管理室ではお薬に関する文献を揃え、厚生労働省や製薬会社等から様々な情報を収集しています。 それらを基に医薬品集や医薬品情報シートを発行して医師や看護師などに情報を提供しています。また定期的にスタッフを交えた勉強会を開催したり、外部の勉強会に参加するなどして、新しい情報を得て安全で効果的な医療をおこなうことが出来るよう努めています。

薬品管理業務

必要な時に必要な薬剤が確実に提供できるように、薬品の購入及び在庫管理を行っています。使用期限や品質管理にも注意を払っています。

その他

院内の各種委員会に参加し、薬剤科としての役割を発揮しています。