外来のご案内

トップページ > 外来のご案内 > 検査科

検査科

心電図検査

手首・足首・胸部に電極をつけ、心臓からの電気信号を記録します。
心臓の病気(不整脈・心肥大・狭心症・心筋梗塞など)の診断に用いられます。

超音波検査

体の表面に探触子をあて、いろいろな角度より体内の様子を動画像で確認します。超音波は人体に害が無く痛みもありませんので、安心して受けていただけます。症状のみられない初期段階での異常の発見にも有効です。腹部・心臓・頚動脈・甲状腺の超音波検査を行っています。

肺機能検査

マウスピースをくわえ吸ったり吐いたりすることで、肺から出入りする空気の量などを測定し、肺活量や気管支の状態、肺の柔らかさなどを評価します。肺気腫、気管支喘息などの診断や治療に役立ちます。

一般検査

尿検査は尿中の糖、たんぱく質、赤血球などの量を尿試験紙を用いて自動分析器で測定します。更に白血球、赤血球、細菌その他異常な細胞を顕微鏡で観察し詳しく検査します。

血液検査

自動血球計算装置を用いて血液中の細胞(白血球、赤血球、血小板など)の数を測定しています。

白血球
感染症やその他の炎症に伴い増加します。
赤血球
貧血や赤血球増多症などがわかります。
血小板
数や機能に異常があると出血しやすくなったり、血が止まりにくくなります。

尿素呼気試験

診断薬の服用前後に息をバッグに吹き込み、ピロリ菌感染の有無を検査します。
ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍を発症させる要因に関与しています。