個人情報保護方針

トップページ > 外来のご案内 > 放射線科

放射線科

画像診断は病変部位の早期発見、的確な病態の把握、診断に今やなくてはならないものとなっています。当科では一般X線撮影をはじめ、X線透視造影検査、胃透視健診撮影、胃透視精査撮影、CT検査等を実施し、迅速な画像情報の提供により療養型病院での入院治療をサポートしております。
また、当院では予防医療としての健康診断に力を入れており、X線検査前後には十分な説明を行い、良質な画像撮影に尽力しております。できるだけ多くの方に検査を受けて頂き、病気の早期発見へ繋げ、皆様の健康維持のお手伝いをして参りたいと思います。

単純X線撮影

当院では最新のCR装置導入により、従来のX線写真システムに比べて被爆線量低減及びコンピューター画像処理により精度の高い診断画像の提供を行っています。

X線透視造影検査

バリュームによる消化管検査(胃・小腸・大腸)の他に、ヨード造影剤を投与して、DIP・DIC(尿路系・胆道系)などの病変を調べる検査を行なっています。

X線CT検査

コンピューター断層撮影のことを言い、人体に放射線(X線)を全方位から照射して検出装置によりデーター収集を行い、コンピューター処理により身体の複数の臓器が横断画像として、同時に描写され多角的に診断の出来る検査です。

骨密度測定検査

骨塩(骨の中のカルシウム、リンなどの総称)の量を計測し、骨の強度を推定する検査です。骨密度が基準とされる値より減少し、ほかに病気がなければ骨粗鬆症を疑う。