外来のご案内

トップページ > 外来のご案内 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーションとは・・・

リハビリテーションでは、病気やケガ、または生まれつき障害をもつ方や加齢により心身の機能が低下した状態にある方などに対して、できるだけ障害を残さないように機能の回復を図ります。あるいは障害が残っても、例えば環境整備や車椅子、装具など様々な福祉用具・機器を使うことで残された機能を最大限発揮し可能な限り自立した生活が行えるように支援することです。

当院でのリハビリテーション

療養型病院としての特徴を生かしながら患者様・ご家族の希望を伺うとともに、個々に合わせたリハビリテーション計画を立てて身体機能の向上・維持を目標としています。理学療法士による理学療法、作業療法士による作業療法、言語聴覚士による摂食機能療法を実施しています。

【理学療法】
急性期以降の治療を終えた患者様を対象としており、理学療法では寝たきりによる廃用症候群の予防・軽減を図るために、関節可動域訓練や筋力トレーニング、また基本動作練習等を行い、早期離床・生活動作の向上を目標に患者様とご家族を支援します。また必要に応じて退院前の訪問も実施しています。

【作業療法】
食事・更衣・整容・トイレ動作といった日常生活動作や手芸・音楽等の作業活動を通して、身体機能や認知機能の向上を図ります。患者様の趣味や興味を考慮し、楽しみながらリハビリが行えるよう心がけています。

【摂食機能療法】
脳卒中等の後遺症により、噛んだり、飲んだりする機能が低下した方の機能改善を目的に訓練を行っています。また、食べる時の姿勢や食べ方、お食事の形態など、より安全に食べるための指導も行っています。